最近話題の過払いとは

最近、電車広告やテレビCMなどでよく見かける「過払い金」という言葉。

セゾンの過払い金情報が満載です。

現在借入している人だけに関係する話だと思われがちですが、すでに借金を返済し終わった方にも関係してくる場合もあります。

過払いについて詳しくみていきましょう。

過払い金とは、その名の通り払いすぎてしまっているお金のことを言います。


そもそも借入をしたときにいくらまでなら利息をつけられるのかということが利息制限法で決められています。


具体的に言うと、元本が10万円に満たない場合は年利20%、10万円以上で100万円に満たない金額は年利18%、100万円以上の借入の場合ですと年15%と定められていてこれより多く利息を取った場合は超えた分は払う必要はないと言われています。

しかし、利息制限法とは別に利息について定めている出資法というものが存在します。

こちらでは改正前までは金額を問わずに年29.2%を超えない限りは特に罰則などが定められていないというものでした。



この利息制限法上払う必要にないものの改正前の出資法上は違法とならない金利がグレーゾーン金利と呼ばれていて、多くの業者がこの金利を利用して貸付をしていたのです。

しかしこの法律は2006年に改正されてグレーゾーン金利というものはなくなりました。

その後浸透してきたのが過払い請求という考え方です。

本来であれば払う必要のなかった利息を業者から返してもらおうというものです。



業者との交渉や取引履歴の開示といった手続きは必要ですが人によっては数十万円以上返ってきた方もいらっしゃるので、もしかしたら自分も当てはまるのではという方は無料相談から行なっている弁護士や司法書士に依頼されていみると良いかもしれません。