過払いの根本的な原因を知っておこう

貸金業者に対する過払いの根本的な原因は何なのでしょうか。

お金を借りている債務者は、任意整理という手段を行使することによって貸金業者に払ったお金の返還を求めることが可能です。

では、そもそもなぜ貸金業者に対して債務者からの余分な返済金が生じてしまうのでしょうか。

セゾンの過払い金情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

過払い金の問題は、全て上限金利の違いによって生じるいわゆるグレーゾーン金利の問題として処理できます。



実際に任意整理で返還を求めるときにもグレーゾーン金利の範囲の利息のみを返還請求することになるので、過払いの根本的な原因はグレーゾーン金利にあると言えます。
グレーゾーンというのは、貸金業に対して適用されていた二つの金利の法律によって生じた大きな問題のことを言います。
本来、融資に関して設定できる法律は一つでなくてはいけませんが、法律の解釈上で二つの法律が適用できる事態になっていました。



問題だったのは、その二つの法律の金利が一緒ではなかったことです。片方の金利の上限はもう片方の金利の上限よりも大きかったので、これらの法律の金利の上限には本来ならば請求することができないグレーゾーンの範囲が存在しました。

しかし、こうした金利の上限の違いをそのまま看過することはできないので、行政の方で貸金業法の改正が行われてより上限金利の小さい法律にまとめられたのです。


これによって、貸金業者への過払い金というお金は債務者の権利の行使で容易に返還できるようになったわけです。