自然葬という葬法の選択肢

現代の日本で一般的とされる死者への対応としては、葬儀をして火葬し、納骨すると言うながれです。遠い昔の日本では遺体や遺灰は海や山に還すのが一般的でした。それが江戸の中期を過ぎたころから隠れキリシタンの取り締まりの関係でお墓が作られるようになっていったそうです。最近はお墓に閉じ込められることを嫌って自然に帰りたいと言う考えの方も増えてきています。

それを実現するのが自然葬です。自然葬は海に遺灰を撒くことで自然に返してあげると言う葬法です。このような方法を提供してくれる業者もあり、葬法の選択肢のひとつとして考えるようになりました。自然葬を行う場合、遺体や遺骨をそのまま土葬と言うわけにはいきません。

それは墓地埋葬法に抵触する行為になります。現在行われている自然葬は、火葬後に遺骨を2mm程度の大きさに粉砕する必要があります。細かく砕いた遺骨を遺族の手で海に撒いてあげます。そうすることで、海と言う自然がその人の墓標となります。

自然葬の法的な状況として、厚生労働省は現時点で散骨は墓地埋葬等に関する法律の対象となるとの見解は示していません。法務省も現在行われている節度をもった散骨について違法として取り扱ってはいません。しかしながら、火葬後に遺骨がくだければどこに撒いても問題ないのかというとそうではありません。取り扱いのある業者によって、実績のある方法で行われることが重要です。

自然への回帰を望むような大きな気持ちお持ちの方は考えてみてはいかがでしょうか。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*