自然葬が増加している背景

自然葬とは今までの葬送と違い遺骨を自然に還す方法です。風葬、水葬、火葬、樹木葬など様々の方法で遺骨を自然に還す葬送が行われています。日本では最近自然葬を望む方が多くなってきていますが、自然に帰りたいという思いの他に核家族化や少子化がすすみ、死後の墓の管理が難しくなってきているという社会的な原因もあると思われます。海や山に散骨するタイプと環境保護のために墓地をつくらないという2つのタイプがあります。

世界各地で墓に埋葬しない葬送が行われています。日本では古代から遺体や遺灰は海や山に還す方法が主流となっていました。明治時代までは一般的な葬送でしたが、その後昭和時代に制定された法律により墓地以外のところに埋葬してはいけないという事になり、散骨は違法行為とされてきました。現在では国も自然葬を追認し、社会的にも合意の輪が広がり自然葬を望む風潮があります。

日本人が本来持っている自然回帰への願いが根本にあるほか、社会的状況の変化から散骨などによる葬送が復活してきたと思われます。従来の形式ばかりの葬送への批判、核家族化がすすみお墓の継承者がいなくなっている事、火葬により衛生上の問題がない事、墓地造成による環境の破壊などが考えられます。自然葬は海や山などの自然の中に遺灰や遺体を還す葬送ですが自分自身が決定するものです。故人の遺志を尊重し、遺族の意思で行われるものです。

環境破壊を防ぐ事もできる葬送法です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*