知っておきたい自然葬のこと

家族の多様化や価値観の多様化にともない、さまざまな家族の形が存在している現代では、死後の供養の仕方についても従来の方法にとらわれず、新しい形の埋葬方法が増えてきています。そのひとつが自然葬です。自然葬とは、人間の体を地球上に存在する大きな自然の命のうちのひとつと捉え、亡くなった人の遺体が自然の循環にかえっていけるように、自然の中に埋葬する方法です。遺骨をパウダー状にして海に撒く散骨や、木の根元に遺骨を埋葬する樹木葬、山に散骨する方法や宇宙に散骨する方法などがあります。

生前の故人の死生観や遺志を尊重し、お墓という場所にとらわれずに故人をしのぶことができる方法としても、自然葬は注目されています。また、埋葬や散骨をしたあとは霊園や墓地の管理者によって管理される場合が多いため、家族に負担をかけたくない人や身よりのない人など、様々な事情を持つ人にも安心。墓石を必要としないので、従来の供養にくらべて費用を抑えることもできます。しかし、先祖代々のお墓に入らないという選択をすることで、残された遺族が戸惑ってしまったり、保守的な遺族によって反対されてしまうと言った問題も生じることがあるため、自然葬を考えている人は、あらかじめ自分の考えを周りの人とよく相談しておく必要があります。

また、他人の私有地に散骨してしまうと様々なトラブルを招いてしまう原因となるため、事前に自然葬を請け負う専門の業者に依頼し、よく相談したうえで行うようにしましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*