自然葬が増えている理由

今、現在日本での故人の遺骨については、墓石を墓標にしてその下に埋葬する方法が一般的です。故人の遺言がなければまず確実にこの埋葬方法が選択されますが、中には故人の遺志により遺骨を自然に帰して欲しいという方もいます。この自然の帰る方法が自然葬と言う事になります。この自然葬でまず頭に思い浮かぶのは散骨。

粉砕して粉状になった遺灰をまくと言う方法です。自然葬ではこの方法が多く用いられてはいますが、他にも土に遺灰をまいたり、樹木の根元にまく方法もあります。通常の骨壷にいれ墓石の下に埋葬する方法では遺骨は自然には回帰する事はできません。自然葬は従来の埋葬方法とは違って確実に遺骨、遺灰を自然に回帰させ生命の循環にあてられる事になります。

現状、日本では霊園を造る事によって自然環境を破壊する行為も横行している事には間違いがありません。しかし自然葬には問題が無いと言うわけではありません。管理地以外での遺族による散骨で近隣住民とのトラブルや散骨目的での霊園の造成によるトラブル等さまざま問題も挙げられています。では、なぜ今墓石に埋葬する従来の方法をとる人が減っているのかと言う事が考えられています。

これは過去の日本の家族構成と現代の家族構成の違いが挙げられます。大家族と核家族の違いです。家族が少ない為、墓石を作っても維持、管理することが難しいことです。核家族では未来永劫そのお墓を管理できないと言うことになり、自然に回帰する方法が注目されているのが現在の状況と言えるのです。

喪服のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*