海洋葬もこれからの時代はいいかも

海洋葬というと聞きなれない言葉だと思いますが、簡単に説明すると、亡くなった後の骨をお墓に納めるのではなく、海へ撒くことです。樹の根元であったり山中であったり、陸地の場合は許可のおりた指定の場所でないと散骨できません。しかし海洋葬の場合、厳密な指定はありません。陸地から一定距離を離す等、いくつかの条件を満たせば散骨可能です。

近年は少子高齢化や核家族化に伴い、今までのお墓の概念から遠ざかってきている反面、このような海洋葬が注目を浴びてきています。お墓は実際問題お金がかかりますし、残された方々の管理が必要です。日本ではまだメジャーとは言えませんが、海外ではわりと一般的なスタイルです。亡くなった後に自然に還るのですから、最も自然に近い方法と言えるでしょう。

また大自然の一部に溶け込むかのようなロマンがあります。散骨には大きく分けて3種類あります。1つめは家族のみで行うもの。これはドラマや映画などでもご覧になったことがあるのではないでしょうか。

故人の親族の方のみで行います。2つめは合同で行うもの。これは複数のグループで1つ船に乗り合わせるタイプです。他の故人の遺族の方々ともご一緒に乗船となります。

3つ目は業者へ委託するものです。家の近くが海だ、という方がたくさんいらっしゃるわけでもないので、どうしても散骨の場所まで行くことのできない方もいるでしょう。その場合は業者の方が代わりに散骨をおこなってくれます。これからの時代、ますますこのようなスタイルの葬送が増えていくのではないでしょうか。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*