家族葬にかかる費用の相場は

家族やごく親しい人達だけで故人を見送ることのできる家族葬。参列者に気を使うことなく、ゆっくりと故人との最期の時を過ごすことができるのが魅力ですが、それと同時に葬儀費用を抑えられるのもこのスタイルの大きな魅力の一つです。一般的な葬儀を行った場合、葬儀費用だけで軽く100万円を超えることも珍しくありません。家族葬ならこのような高額のお金をかけることなく、葬儀を行うことができるのです。

家族葬にかかる費用の相場は、おおむね40万円から60万円ほどです。もちろん葬儀業者によって料金は異なりますが、基本的にはこの程度の金額と考えておいていいでしょう。ただし葬儀を営む場合、葬儀そのものにだけお金がかかるわけではありません。お寺の住職に対してはお布施や戒名料が必要になりますし、参列して下さった人に対しては飲食を提供してもてなしをしなければいけません。

ですから葬儀本体の料金とは別に、これらの金額に関しても考えておく必要があるのです。出席者の限られた家族葬ですので飲食接待費は抑えることができますが、お寺関係の出費は一般の葬儀の場合と同じです。なお家族葬は基本的に親族以外の参列をお断りすることになりますので、必然的に香典の額はかなり少なくなります。したがってお金をあまりかけたくないという理由でこのスタイルを選んだとしても、結果的には金銭的な負担が膨らんでしまったということにもなりかねません。

この点については事前に十分考慮しておくことが必要です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*