家族葬で費用を抑える方法とトラブルを避ける方法

近年、選ばれることが増えてきた「家族葬」ですが、その意味は家族やごく親しい友人たちのみで行う小規模なお葬式というもので、葬儀の方法に決まった形があるわけではなく、それぞれの家族の希望に合わせた形で故人とお別れをするのが特徴となっています。家族葬を選ぶ人が増えてきたのには、従来行われていた、故人の勤め先の人や仕事関係の知人や親戚などを多数弔問客として迎えて行う大規模な葬儀よりも、家族葬は費用が抑えられることがメリットであることもひとつの理由になっています。昔はお葬式は盛大に行うことを好む人が多く、お通夜で振舞う料理や返礼品にかかる費用が高額になることが負担になる家族もありました。今でも人によっては大規模葬儀を希望する場合がありますが、最近ではお葬式に来てもらう人を厳選することで、残された家族の負担を減らそうと生前から家族葬を希望する人も多くなっています。

家族葬に決まった形は無いため、諸事情により費用をなるべく安くしたいなら、お通夜を行わずに告別式のみを行う「1日葬」や、火葬場などでお別れの儀式だけを行う「火葬式」などの方法を選ぶことで、葬儀にかかる料金を少なくすることも可能です。その際、葬儀社によって1日葬や火葬式の内容が異なる場合があるので、利用する葬儀社を決める前に下調べをしておくことがトラブルを避けるためにはおすすめの方法です。また、人によって葬儀に対する考え方は違うので、お年寄りがいる家庭では一度どんな葬儀をしたいのかを聞いておくと良いでしょう。親戚の人などの考え方によっては、シンプルな葬儀にすると反感を持たれるケースもありますが、故人の希望に沿ったお葬式だと説明すれば納得してもらえる場合もあるので、家族で一度お葬式の方法について話し合っておくのは大切なことです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*