家族葬と通常の葬儀の料金の違い

家族葬とは親族意外の出席者を招かずに行われる葬儀の事を指します。家族だけで執り行う事から密葬と混同される場合もありますが内容は別のものです。葬儀にかかる費用は葬儀社に支払う祭壇にかかる費用などの基本的なもの、式場や火葬場の使用料、通夜で提供される料理や飲み物、参列者への返礼品などの費用、お坊さんなど宗教家の方へのお経や戒名料などに対するお礼となります。家族葬であっても通常の葬儀であっても葬儀社への祭壇料などの基本的な支払いは変わりません。

施設の使用料も同様ですし、宗教家の方へのお礼もまた同様です。そして施設の使用料以外は執り行う葬儀社の基本料金と宗教家の方へのという流動的な費用となりますし、特に宗教家の方へのお礼などは個人差が大きいのでどの程度の相場であるかなどは一概には言えない面があります。少ない負担をうたう事の多い家族葬ですが、実際に通常の葬儀との明確な料金の違いというのは、通夜などでの飲食や参列者の方へのお礼の品にかかる実費という部分の費用の面だけです。このあたりの費用というのは人数に比例しますので参列者が少ない程少なくなるというだけの事となってしまいます。

この様に費用という面ではそれ程の大きな違いはありませんが、故人を身内だけで静かに送り出すという葬送の形はそれはそれで素晴らしいもので、料金の違いなどというところの考え方でなくとも葬儀の一つの選択肢として考えても良いでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*