葬儀にかかる料金を抑える家族葬が人気

近年では、葬儀にかかる費用を少しでも安く抑えるために、家族葬を選択する遺族も増えているようです。この不景気といわれている時代において、亡くなってしまった人に対して、すぐに消えるお金を使うよりも、遺されたものに取って有意義に使える方が良いという考えを持つ方も増えており、限りある資産は大切に使うべきだという考えも一般的になりつつあります。また加速する高齢化社会において、遺族もかなり高齢化していることから、普通の葬儀は身体に負担が大きすぎる、といった理由から、本当に親しい身内だけで家族葬を行いたい、と考える方も多いようです。家族葬は、やはりお通夜や告別式を行う従来通りの葬儀よりも、料金設定は格段に安く設定されており、費用負担も少なくて済みます。

また家族葬は、本当に大切な人たちと、ゆっくりと故人と最後のお別れができるという点でも、形ばかりの葬儀で慌ただしく過ぎ去ってしまい、後から後悔の念いさいなまれるということが回避できるので、今や葬儀の中でも、主流といわれる形になりつつあるようです。しかし、ここで注意をしなければならないことは、やり直しの効かないものでもあるので、本来ならば知らせるべきところに知らせないまま執り行ってしまうと、親族間で確執が残ってしまい、後々思いもよらないほどの大きなトラブルの火種となってしまうこともあり得るので、故人の意思も尊重しながら、呼ぶべき人はどこまでか、といったことを、遺族でしっかりと話し合うということが大切です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*