葬儀の費用はどれくらい

一昔前までは、冠婚葬祭はお金をかけられるだけかけ、豪華絢爛なものにすることが望ましいとされて、競うように盛大に挙げられてきましたが、最近は、老若男女問わず多くの人が簡素化を好んでいます。経済が不況の中に長らくあり、自分たちが楽しむよりも招待客に気を遣う部分の方が大きい冠婚葬祭にお金をかけるよりも、日々の生活や楽しみにお金をかけたいという考えが多くなってきたからです。お年寄りも、その傾向があり、自分の葬式はできるだけ費用を抑えた式を希望している人が増えています。葬儀費用の全国平均は約120万円ほどですが、最近では何と20万円以下に抑えているケースも増えています。

資産をわずかでも子供に残したいという意識が、安い葬儀が増えている理由です。いわゆる小さなお葬式と呼ばれる式ですが、一般的なお葬式にあるような大量の祭壇花や設備費、謝礼などの費用を抑え、極めてシンプルにした式です。中には、火葬のみ行い、儀式らしいことはほとんどしないケースもあります。故人が高齢で呼べる知人もいない、家族だけで静かに密葬を行いたいという理由でシンプルにする遺族も増えています。

故人も、盛大な葬儀でお金を使い、残された家族を苦しめるようなことは望んではいないでしょう。故人を偲ぶ気持ちがあれば、必要最低限のシンプルな式でも充分ではないでしょうか。分からないことがあれば、葬儀社に相談してみましょう。どんなことでも懇切丁寧に教えてくれます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*