無視できない葬儀費用のあれこれ

親族に死と言う不幸な出来事に見舞われることは誰しも避ける事の出来ないことです。病気、事故、その理由は様々ですが、そのいずれの場合でも残された家族が悲しみに暮れる事は容易く想像できる事実です。しかしまた、悲しみに明け暮れているわけにも行かないことも事実、不幸な出来事に直面した直後から葬儀が、そして、葬儀にまつわる費用を考えなければならなくなってしまうのです。一口に葬儀費用と言ってもその内訳は様々、通夜、告別式のために掛かるものはもちろん、病院から自宅や式場までご遺体を搬送するもの、そして式までの間隔が空いてしまうようならご遺体の保存、葬式までだけでもこれだけのものが掛かってしまいます。

もちろん、葬式となればお経を上げていただく必要も出てきます。寺の住職を頼みお経を上げていただくだけでも、志は必要になり、ここでも出費が生まれてきます。更には、初七日、四十九日の法要、納骨、そして墓所が無ければ入手し、墓石を建てる事も必要となり、その金額は数百万となってしまうことも有るのです。結婚式であれば事前に準備を整える事も可能ですが、葬儀は突然訪れます。

不測の事態となって慌てふためく事となってしまうことを避けるためにも、ある程度の準備は考えておく必要があるのです。特に、高齢者を家族に持つ世帯で有れば尚のこと。そして、葬儀に関する費用は現金である必要は有りませんが、お寺への志や戒名代などは現金である場合が多いことも覚えておく必要が有るでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*