葬儀の費用を少しでも抑えたい!

大切な方を見送るための葬儀の費用、なかなか大きな出費ですよね。全国平均で葬儀にかかる金額は236万円です。新車が1台余裕で買えてしまう金額です。しかし、全て葬儀屋に言われるがままに支払い、なぜ高額なのかわからない方が大半ではないでしょうか?ここで、一つ覚えて欲しいことがあります。

自分で考えるものと業者の考える費用は同じではありません。葬儀費用は3つに分かれています。業者に支払うもの、業者が手配をする時に発生するもの、寺院などへのお布施です。3つ合わせたものが総額です。

サイトなどに提示されているのは、ほとんどが「業者に支払いもの」のみなのです。そして、この中に含まれているものが、「祭壇」と「お棺」です。ランクが高いものほど2つの金額が上がるのですが、低ランクのものを選んだからといって、見劣りはしません。正直、30万円の差があるAとBの祭壇を見分けろといわれても、素人にはなにが違うのかわからないのです。

ですから、選ぶなら安い方を必ず選びましょう。次にお布施についてお話しします。実は、消費者とお寺のお布施の解釈に違いがあります。消費者は読経・戒名に対して支払わなければいけないと考えていますが、お寺はそうではありません。

お寺の掃除を申し出るのも、立派なお布施なのです。この2点を見直してみると、葬儀による負担は軽減するはずです。申し込みをする前に、もう一度金額設定を見直してみてはいかがでしょうか?

Leave a comment

Your email address will not be published.


*