葬儀はビジネスになった?

「今の葬儀はビジネスだ」という言葉を聞いたことがある人は少なくありません。しかし本来的に考えて、こうしたことは冠婚葬祭の儀式の一つとして重要なものであり、故人を悼み、遺族が立ち直るきっかけを作るということでは大きな意味があるでしょう。ではそれであるにも関わらず葬儀がビジネスになったのかというと、これにはいくつかのことが根拠として挙げられます。まず一つ目として「費用が非常に高額である」ということが挙げられます。

最近だと大手のスーパーチェーンなどが業界参入したことで価格引き下げも見えてきましたが、数年前までは一度開くだけで数百万円の費用がかかるものでした。特にビジネス化が激しいと言われるのが戒名料で、これはそもそもその宗教を篤く信仰し、それが認められた人に授与される物でした。体面的には「寄付をすることで徳を積んだ」とされるのですが、本来の性質とは大きく離れていることは言うまでもありません。また二つ目として挙げられるのが「そもそも信仰心が無い現代日本人には不要だ」ということです。

もちろん絶対に不要だということではないのですが、現代の日本人で神様・仏様を本当に信じている人はどれだけいるでしょうか。そもそも神様とは何か、仏様とは何かと聞かれても答えることが出来ないという人が増えています。そうした中で亡くなったからというだけで葬儀を営むということに批判をする人は少なくありません。これが家族葬やお別れ会といったような新しい葬儀の誕生にも繋がるのですが、日本人は世界的に見ても信仰心が薄い民族です。

それが悪であるわけではありませんが、そうした暮らしをしているにもかかわらず「故人を成仏させるため」という言葉を使って開催を誘うのは、セールス的だと言われるのです。現在のようなビジネスライクな状態にもメリットは有ると言えるのですが、こうした批判は時折、激しい議論の対象となるのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*