家族だけの葬儀と密葬はちょっと違う

家族葬と密葬は少し違います。どちらも近親者だけで行うという点は共通していますが、密葬は本葬とセットで行われます。故人が有名な人であったり社葬をすると、会葬者が多すぎるのでまず親族など近親者だけで行い、後日改めて会葬者を呼んで本葬を行います。これに対して、家族葬は本葬は行わずに単独で行われる葬儀です。

家族や親しい友人だけを招いて行います。家族葬の場合には、本葬が行われないので関係者に失礼にならないように通知を出して、弔問、供花、香典、などを辞退します。どちらも近親者だけで故人を送れる葬儀というところがメリットです。最近では密葬と家族葬が混同されて使われる傾向もありますが、密葬は後で本葬をするための仮の葬儀と覚えておけば良いでしょう。

家族だけで送りたいので、他の人は呼ばないというのならば、密葬ではなく家族葬になります。家族葬を行う場合にも、親戚まで呼ぶのか、友人まで呼ぶのか、など細かく考えておく必要があります。また、家族葬は比較的新しい形式のお葬式であるため、周囲の理解が得られないこともあります。田舎では班単位でお葬式を行うしきたりがあるケースもあるので、そういう場合には後々問題にならないように、なぜ家族葬で済ませたいのかを事前に伝えておくようにしましょう。

大切な人を失ったばかりで考える余裕がないかもしれませんが、後でトラブルになるとそこに住みづらくなる可能性もありますから、しっかり考えておきましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*