元栓取付型のセントラル浄水器

元栓取付型のセントラル浄水器は、大型の屋外に主に設置する浄水器のことになります。水道管に直結しているため、家の中に取り付けられた全ての蛇口から浄化された水を得ることができます。新築の家を建てるときに元栓取付型のセントラル浄水器を取り付ける人が多くなってきていますが、まだあまり知られていないタイプの浄水器になります。工事をする必要があり、かつては値段が、工事費を含めて80万円以上していましたが、近頃は、およそ40万円ぐらいにまで値段が安くなってきています。

フィルターの、ろ材は、粒状の活性炭と、繊維状の活性炭を組み合わせているものが中心となっています。繊維状の活性炭は、とても表面積が広く、長持ちして、早く反応するという特徴があります。そして、粒状の活性炭の中でも、ヤシ殻の粒状の活性炭は、様々な種類の有害物質を取り除いてくれる、ろ材となっています。セントラルタイプは、たくさんの水を処理する必要があるので、本体は大型となります。

本体が大きくなれば、大きくなるほど、水を処理する能力が高まりますが、その分値段も高くなります。雑菌が水道管の中に繁殖してしまうのではないかという心配をする人も少なくありませんが、そのような心配をする必要はありません。値段が予算内に収まって、設置場所が確保できれば使い勝手が最も良い浄水器になります。家の中にある全部の蛇口から浄化された水が出てくる便利さは、1度体験すると他では満足できなくなるほどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です