安定したWifi回線を得るための工夫をしよう

Wifiは、有線回線と異なって工事を行ってデータ通信を行うわけではありません。

無線の電波を利用することになりますので、周囲の環境から悪影響を与えられないように注意をする必要があります。実際に、Wifiは周囲の環境から与えられる影響が強く、家電製品などの一般的なものからも影響を与えられます。家電製品には、様々な電磁波が利用されていて無線回線で利用する電波と干渉しあう関係にあります。

例えば、Wifiのデータを受信する機器が家電製品のすぐ近くに存在するような場合には、それらの家電製品から生じる電磁波が影響を与えて通信障害が発生する可能性も存在します。そのため、安定したインターネットを楽しむために回線の状況を必ず理解しておかなくてはいけません。特に、誰でも利用しやすいように作られているWifiのサービスについては、周囲の影響がとても大きいです。

これは、単純な住居やマンションなどといった生活空間とも関連しています。日本は木造建築も多いですが、高層マンションなどになると鉄筋コンクリートが利用されていることが普通です。実は、無線回線に利用されている電波はこういったコンクリートにも弱いという特徴が存在します。電波が弱くて、壁の分厚いコンクリートを通すことができなくなってしまいます。ですから、どういった空間で生活をしているのかもきちんと考慮しないと、安定してデータ通信ができなくなるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *