Wifi回線は工事不要なので賃貸住宅でも使える

Wifi回線は、工事不要で家庭に新設できます。

住民の内装工事が固く禁止されている賃貸住宅でも、工事不要なWifi回線なら規約に触れません。有線LANの場合、壁や床下、もしくは床上などに配線をする必要があります。そのためリフォーム工事が規約でNGになっているアパートやマンスリーマンション、寮などには有線LANの環境は新設できません。一方でWifi回線なら工事不要なので大家さんや賃貸住宅の管理会社に相談しても、注意される心配は基本的にないでしょう。

工事不要なので、新設がスピーディに進むのも無線LANの良いところです。有線LANの場合、開通までに一週間から二週間ほど待たされることが多く、当然その間は自宅でネットは使えません。対してWifi回線なら、専門業者の方々がちょっとした配線や機器設置、初期設定などを施すだけです。契約を結んでから数日で、新しいネット環境が構築でき、専用のモデムやホームルーターを設置するだけですので、ワンルームタイプの賃貸物件でも生活スペースが狭くなりません。

Wifiは様々なデジタル機器で使える、ポピュラーな通信規格です。ノートパソコンやタブレット端末は無論、IOT機能を持つ家電製品や新しいゲーム機なども、無線LANに対応しています。一度ペアリング作業を済ませれば、次回からは自動的に機器同士がリンクするので安心です。スマートフォンやゲーム機の仕様によっては、ほぼワンタッチでペアリングが済む事もあり、初心者でも楽々です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *