工事不要で導入できるWifiのニーズとメリット

自宅内にインターネットの回線を導入するには、光回線やADSLなどの回線工事が従来は必要でした。

この回線工事は一軒家などの戸建ての場合は問題ありませんが、マンションやアパートなどの賃貸物件などは工事ができないという事例も見受けられています。そのような場合のニーズに対応するべく登場したのが工事不要のWifiで、ホームルーターやモバイルルーターを経由する事で工事をしなくてもインターネット回線を導入できるようになりました。工事不要のメリットは多数存在しており、まず初期費用を少なくして導入できるという点が挙げられます。

自宅にネット回線を開通させる工事は、一般的には3~4万円以上はかかりますが、Wifiであれば機種代金などの初期費用で済みますので価格差が大きいでしょう。また工事不要という事はWifiルーターさえあればすぐにインターネットに接続できるという点で、非常にスピーディーとなります。ネット回線の工事は当然日程の調整もかかりますし、繁忙期などの場合なら何日間も待たされるというケースも考えられます。

工事の時には住人の立ち会いも必要となってきますので、忙しい方などは時間を合わせるだけでも大変でしょう。また近年ではマンションにWifiルーターを設置して、住人の方が共同で使用できるタイプの物件も増加しているようです。このようなデメリットを解消しているのがWifiという規格であり、インターネットの普及に大いに役立っている事にも繋がっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *