話題のソフトバンクエアーの速度

これまで無線通信を建物内で使うには、電話回線を改良する工事が必要だったのです。

その後技術改良が進み、現在では工事が不要でネット回線が使える技術が生まれています。その代表格なのが大手通信機器メーカーのソフトバンクが、電波配信事業に参入する際に開発したソフトバンクエアーです。ソフトバンクエアーは工事不要の電波発信機機で、内蔵されている送信機から電波を発することで無線通信が可能になります。最大のメリットは工事不要なので、ソフトバンクと契約してソフトバンクエアーが自宅に届いた段階でコンセントにつなげば使用可能です。

長時間の工事が必要ではないので、単身赴任など住所を変える機会が多い家庭や女性の一人暮らしにお勧めといえます。実際に使ううえで気になるのが、ソフトバンクエアーの通信速度です。通信速度というのは、自宅側から送った情報を基地局に送信する下りの力と送信した情報が所有する端末に戻ってくるのぼりの力を意味します。これらの数値が高ければ安定した通信が出来るので、無線通信において重要な要素です。

実際にソフトバンクエアーの速度はどうなっているのかというと、最大スペックは上り下りともに平均500となっています。平均500というのは、その他のルーターは平均700から1000なので遅いです。しかし他のルーターは固定型であり、距離が離れれば壁に阻まれることでおのずと速度も落ちます。その点設置するだけで使えるので、情報端末に近い位置で使えば最大能力を生かすことが出来るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *