気軽に設置できるソフトバンクエアーの通信速度を確認

自宅の室内に設置するタイプのホームルーター「ソフトバンクエアー」は、初期工事不要で気軽にネット回線に繋げられる事で人気となっています。

このソフトバンクエアーはポケットWIFIルーターなどとは異なり、携帯電話用の通信回線を使用していますので、回線や速度が安定しているというのが魅力です。ソフトバンクエアーのルーターは大きく分けて2つの種類があり、エアーターミナル3と4という機種が存在します。この2つの機種の通信速度を確認してみますと、まずエアーターミナル3が下り最大通信速度が約350Mbpsとなっています。そしてエアーターミナル4の場合は、下り最大で約481Mbpsとなっており、上りの通信速度は両者ともに最大10Mbpsです。

一般的なインターネットの通信速度は下りで約10~30Mbps程度あれば問題なく接続できると言われていますので、ソフトバンクエアーの通信スピードは充分だと言えるでしょう。しかし情報量が多大となる高画質の動画の再生や、高負荷となるオンラインゲームのプレイの場合ではさらに回線のスピードが必要となります。またルーターは設置場所によって回線の安定度が変化する事も考えられますので、できるだけ電波が通りやすい場所に設置する事が大事です。快適で安定した回線スピードにするためには、ルーターを窓側に設置したり、厚い壁などの影響を受けにくい場所に設置するなど工夫してみるのが大事でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *