ソフトバンクエアーの速度制限を解説

誰でも簡単に自宅にWi-Fiの導入ができるサービスとして、高い人気を博しているのがソフトバンクが提供するソフトバンクエアーです。

ソフトバンクエアーはコンセントにさして電源を入れるだけでどこででもWi-Fi接続が可能となりますし、スマートフォン以上の速度で高速データ通信が使い放題の非常に便利なサービスではありますが、利用の仕方次第では通信速度が低下したり、一時的に速度制限がかかることがあります。具体的にはどのようなケースで速度が低下したり、制限がかかってしまうのかを詳しく確認していきましょう。

ソフトバンクエアーはスマートフォンと同じく、モバイル回線を利用したベストエフォート方式で通信を行っています。利用者感の公平を保つため、スマートフォンでは多くの人が一斉に通信を行い通信回線が混雑した場合には一時的に低速になることがありますが、これはソフトバンクエアーにも当てはまります。19時から20時前後の回線が混雑する時間帯には低速になることがあることを覚えておきましょう。

またファイル交換ソフトの利用や、インターネット動画の視聴、ビデオ電話など短時間に大量のデータ通信量を消費するサービスを利用した場合にも一時的に速度制限がかかることがあります。短時間に大量の通信を行うとサーバーに負荷がかかり、ソフトバンクエアーを利用している他の利用者にも迷惑がかかります。回線の独り占めはできるだけ避けるように心がけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *