ソフトバンクエアーの通信速度を解説

ソフトバンクエアーは置くだけですぐに家でWi-Fiがつながるようになりますし、データ容量無制限で通信ができる上に通信速度も光回線並みのはやさなので、スマートフォンでインターネットを頻繁に行うヘビーユーザーでも安心して利用できます。

ネットゲームを良くする人の場合、具体的な通信速度はどの程度出るのかなどを危惧する人も多いでしょうが、具体的にどのていどのスピードで通信ができるのかを紹介・解説していきます。ソフトバンクエアーは機種によって最大通信速度に違いがあるのですが、最新端末であるエアーターミナル4の速度は下り最大962Mbpsとなっていて、光回線以上の通信速度が出る仕様となっています。しかしどんなケースでもこのスピードが出るわけではありません。

962Mbpsは都心などの一部のエリアのみが対象エリアとなっていて、指定されたエリア以外で通信を行った場合には下り最大481Mbpsとなりますし、山間部などの僻地ではより遅くなることがあります。また、ソフトバンクエアーはデータ無制限で通信ができますが、他の利用者に迷惑がかかるような短時間での大量の通信の通信を行った場合には一時的に制限がかかり、低速通信を強いられることとなります。ファイル交換ソフトなどを頻繁に利用していると制限が掛かる可能性が高くなるので、利用の際には注意が必要です。なおSNSなどをスマートフォンで利用する分には特に問題がありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *